婚約指輪の意味やメリットとは?知って得する雑学を初心者にも詳しく紹介

当サイトでは婚約指輪の意味やメリットは何かという疑問を持っているときに役立つ、知って得する雑学を初心者にも詳しくご紹介しています。
結婚を意識してお付き合いしている人に贈る、指輪の購入を検討している場合におすすめです。
またエンゲージリングの平均購入金額はどれくらいなのか、婚約用の指輪はプラチナやゴールドが主流なのか、などといった気になる疑問も解説しています。
指輪を購入する前に知っておけば安心してプレゼントできます。

婚約指輪の意味やメリットとは?知って得する雑学を初心者にも詳しく紹介

エンゲージリングの購入に備えて婚約指輪の雑学を知っておきたい、という人は多いのではないでしょうか。
婚約指輪は婚約の記念のために男性が女性に贈る指輪です。
永遠に心が変わらないという意味を込めて、地球上で最も硬いダイヤモンドを飾ったものが多くあります。
婚約指輪のお返しに女性も腕時計やスーツなどを贈ります。
互いに記念になるものを持てるのがメリットです。
また婚約指輪は価値ある貴金属を使っているので、いざというときに売れるのもメリットです。

婚約指輪とプロポーズリングの違い

結婚の約束をする時に男性側から女性に贈る婚約指輪の他に、最近注目されているのがプロポーズリングです。
この2つの指輪の違いは、プロポーズリングはプロポーズ用の仮の指輪であることにあります。
通常男性から女性に婚約指輪を贈る場合、相手のサイズや好みのデザイン選びが大きなリスクだと考えられていました。
そこで仮の指輪を贈り、無事に成功すれば後から2人で婚約指輪を選ぶという目的で使用されます。
通常の婚約指輪は高純度プラチナもしくはゴールドなどの貴金属に、価値の高いダイヤモンドが使用された価値の高いものが多いのに対して、仮の指輪ではサイズ調整が可能なデザインだったりもともとサイズが合わなくても問題ない形で販売されているケースが大半で、使用される金属もシルバーメッキ仕上げなど安価で購入することができる特徴を持っています。
また指輪に使用される宝石もジルコニアキュービックなどのフェイクダイヤモンドがセットされている場合があります。

婚約指輪を購入する前に知っておきたいこと

婚約指輪は、一生の思い出になるかけがえのないアイテムであるため、購入する前にいくつかのポイントをおさえておく必要があります。
婚約指輪を選ぶ際は身につけやすさを重視することがポイントで、身につけやすいデザインであるかどうかを判断するためには、日頃のファッションや所有しているジュエリーとの相性を考えることが大切であり、ダイヤモンドが衣類などに引っかかるのが気になる方はダイヤモンドのセッティング位置の高さやダイヤモンドの留め方を選ぶことで、普段使いしやすい婚約指輪を選ぶことができます。
また、鑑定書つきのダイヤモンドであるかどうかチェックすることも大切で、購入したダイヤモンドが本物である場合はそれを証明する鑑定書がついてきます。
鑑定書は公式の第三者機関が発行していますが、鑑定書だと思っていたら単なるブランドの保証書だったというケースも少なくないため、どこが発行しているものなのかしっかりと確認しておくことが大切になります。

婚約指輪を左手薬指につける理由とは?

婚約指輪をつける場所の起源は、なんと古代ギリシャ時代にまでさかのぼります。
身体の左側にある心臓には人間の心、すなわち感情の中心があると信じられていました。
当然人を愛する心である、愛情もそのコア部分にあると考えるのが自然です。
加えて紀元前のギリシャでは当時の解剖学の観点から、左手の薬指は心臓へと直結する太い血管があるとされていました。
心臓と同じ側にある手の指は、感情・愛情をコントロールする場所でもあったという話です。
当時の医者は、この神聖とされる左手の薬指で液体をかき混ぜて毒が混入されていないかを確認したほどです。
さらにリングの形状は途切れない円であり、永遠と輪廻の象徴となります。
婚約指輪を神聖な指にはめて、愛する相手の心を結びつけるという意味がありました。
こういった経緯が、婚約指輪の位置が左手の薬指となった理由です。
なお現実的な話をすれば、右ではなく左側にすることでキズ・紛失のリスクが減るというのもその理由として挙げられます。
常に装着するという性質上、利き手の反対側につけておけばリスクが分散するという訳です。

婚約指輪はダイヤを引き立てるデザインのものが多い

婚約指輪は身につける人を引き立てるものですが、そのデザインはダイヤを引き立てるものが多いといえるのではないでしょうか。
ダイヤといえば輝きなので、カットもそうですがリングのデザインについても、魅力を引き出すことが考えられています。
指にはめた時にどのように輝いて見えるか、それを追求して作られているのが婚約指輪で、まさに比較検討を行う際のポイントになります。
比較的安い価格帯の婚約指輪は、リングもシンプルで派手さはないものの正直にいえば地味な傾向です。
ただ飽きにくいという意味ではありですが、一生ものということを考えると少し派手なくらいがちょうど良いと思われます。
婚約指輪は結婚指輪と違って、常時身につけるものとは限りませんし、文字通り結婚の約束の証として贈られるのが主な目的です。
つまり実用性より見た目の華やかさ、ダイヤの輝きの魅力を重視して選んでも問題はなく、むしろどれだけ引き立てられているかを考えて選択した方が結果的に満足できるものが手に入るのではないでしょうか。

婚約指輪に関する情報サイト
婚約指輪の雑学

当サイトでは婚約指輪の意味やメリットは何かという疑問を持っているときに役立つ、知って得する雑学を初心者にも詳しくご紹介しています。結婚を意識してお付き合いしている人に贈る、指輪の購入を検討している場合におすすめです。またエンゲージリングの平均購入金額はどれくらいなのか、婚約用の指輪はプラチナやゴールドが主流なのか、などといった気になる疑問も解説しています。指輪を購入する前に知っておけば安心してプレゼントできます。

Search